特定調停について

MENU

特定調停について

特定調停のメリットは、借金をした一番最初まで戻って利息制限法の上限金利まで金利を下げて計算することで金額を減額することができることです。
また、資格制限がなく自己破産すると警備員など就くことができないお仕事もできます。
そして裁判所に民事執行停止の申し立てをすることで強制執行手続きが停止できることがあります。
デメリットは、申立書や関係権利者一覧表、財産を示す明細書が必要になります。
また、簡易裁判所へ出廷する必要があります。
申し立てを自分でする場合、すべての手続きを自分でやる必要があります。
次に取り立て行為が止まるまでに時間がかかる場合があります。
また、過払い金の返還を受けられないこと、差し押さえなどが容易になること、調停員が債務整理の専門家ではないこともあります。
さらには調停が成立しないこともあります。
特定調停について何も知らずに申し立てをするとかえって大変な事にもなりかねませんので、法律事務所などに相談しに行って専門家の方に借金を減らす方法を一緒に考えてもらった方が安心ですね。

↓無料借金減額シミュレーター↓